知識を吸収しながら経験を積み上げる

知識を吸収しながら経験を積み上げる

MINIもBMWも同じサービス工場で整備や点検を行っていますが、メカニックスーツをご覧になってわかるように、私自身はMINIを中心に作業を担当しています。
MINIもBMWも、こだわりの設計や高いクオリティは共通ですが、その構造は大きく異なります。さらに、MINIでも車種によって違いがありますので、常に新型モデルの知識を学びながら、ひとつひとつ経験を積んでいかなくてはなりません。私も、初代や第二世代から現行モデルまで数多くのMINIを担当することで、スキルを高めてきました。

MINIマイスターを目指して

MINIマイスターを目指して

私の所属する市川には、BMWマイスターである土屋がいます。マイスターである土屋のトラブルシュートは的確で早く、メカニックとして学ぶことがたくさんあります。
現在は、BMWマイスターの土屋をサポートしながら、MINIのマイスター資格を目指して勉強しています。メカニックとしてお客様にとっての「上質な心地よさ」を考えるならば、マイスターとしての資格を取得し、より高い技術を身につけるべきだと思います。

MINIを通じてお客様に気持ちを伝えたい

MINIを通じてお客様に気持ちを伝えたい

私たちメカニックは直接、お客様と接することはありません。言い換えれば、私たちとお客様の接点はMINIしかありません。
それだけに、整備や点検を担当させていただいたMINIを通じて、お客様に私たちメカニックの気持ちを伝えたい。サービスアドバイザーとも連携して、MINIという接点を通じた密な関係をお客様と築いていきたいと考えています。