長谷部 頼義

BMWのあるライフスタイルを提案

お客様に新しいBMWをご提案する時、BMWのあるライフスタイルを想像していただけるように心がけています。BMWのステアリングを握るお客様、BMWが停めてあるご自宅の景観など、具体的にイメージしていただくことが大切だと思います。
単にBMWの購入を促すのではなく、お客様ひとりひとりのストーリーを考える。お客様のスタイルに合わせる。そのために、お客様とじっくりお話をさせていただくことから始めるようにしています。

BMWに乗られているお客様をしっかりケア

みなさんは、街中でどのくらいBMWを見かけるでしょうか?15台に1台、あるいは20台に1台。BMWに乗られている方は決して多くありません。しかし、私たちはその数を増やそうとは考えていません。まず大切なことは、今BMWに乗られているお客様をしっかりケアすることです。
お客様それぞれのライフスタイルは異なります。また、お話しさせていただくときの気持ちに変化もあります。そのなかで、お客様のご要望を汲み取り、しっかりと対応させていただくことが、セールスの仕事ではないでしょうか。

ご購入後も続く「上質な心地よさ」

長いスパンで考えたとき、商談からご契約まではわずかな期間でしかありません。大切なのはその先です。お客様にBMWをずっと楽しんでいただけるよう、長くサポートしていくのが私たちの仕事です。
そのためには、お客様との人間関係を大切にし、社内のチームワークを強めていく。そのなかで、お客様に「上質な心地よさ」を感じていただきたいと思います。