レベルが高く難しいBMWで成長したい

私はモンゴル出身です。もともとクルマが大好きでメカニックになりたかったのですが、モンゴルではなかなか学ぶ場所や機会がない。そこで、日本の学校で勉強しようと来日しました。卒業後、同級生の多くは国産車メーカーに就職しましたが、私はレベルが高く難しいと言われていたBMWで働きたいと思いました。チャレンジしたいという自分の想いを伝えて、チャンスを得ました。

難しいからこそスキルアップできる

BMWは、運転する感覚が他のメーカーのクルマとはまったく違うと思います。工場内の移動で毎日BMWを運転していますが、ときどき国産車のレンタカーなどに乗ると、その違いをすごく感じます。シートに座ってステアリングを握った瞬間に、作りが違うことがわかります。それだけに、BMWのメカニックは難しいです。他メーカーのメカニックの友人と話をしても作業の内容がかなり違います。だからこそ、自分がスキルアップできる。BMWのメカニックになってよかったと思っています。

テクニシャンの資格を目指して

ひとつの難しい作業を担当して完璧に仕上げたら、次はもっと短い時間でこなせるようにチャレンジする。その次はもっと短い時間で。完璧な作業をもっと効率よくやりたい。そうやって、毎日チャレンジすることが楽しくて仕方ありません。BMWのメカニックにはテクニシャン、さらにその上のマイスターという資格があります。今は、テクニシャンを目指しています。私がスキルアップすることが、お客様のためにつながると考えています。